USB 2.0と3.0について知っておくべき10のポイント

文:Alan Norton 翻訳校正:石橋啓一郎
2010-01-15 15:46:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最新特集【一覧】

3.Low-Speed、Full-Speed、High-Speed、およびSuperSpeedに関する混乱

 USB 3.0には4つの異なるデータ転送レートが存在する。これをUSBの4つの仕様と混同してはならない。4つのUSBの仕様では、それぞれ新たなデータ転送レートが導入されている。表Bに、USBのデータ転送レートの種類と、4つのUSBの仕様でどの転送レートがサポートされているかをまとめた。USBの各仕様には、後方互換性がある。

USBの仕様とサポートされるデータ転送レート
表B

 表Cには、4つのデータ転送モードの最大データ転送レートをまとめている。

データ転送モードの最大データ伝送レート
表C

 USB 2.0を使っているということが、High-Speedモードを使っていることを意味するわけではない。普通はそうだが、必ずそうだというわけではないのだ。USB 2.0というラベルのついたデバイスが、High-SpeedモードではなくFull-Speedモードで動作することもあり得る。

 この紛らわしいラベルは、USB 3.0にも存在するのだろうか。USB 3.0の仕様では、SuperSpeedのほかに、古い3つの転送モードもサポートされている。これはUSB 2.0の仕様を置き換えるのではなく、参照することによって実現されている。Low-Speed、Full-Speed、High-Speedの各転送モードは、USB 2.0には準拠しているが、USB 3.0に準拠しているわけではないので、USBのHigh-Speedモードを使用するデバイスはUSB 3.0デバイスと呼ぶべきではない。USB Implementers Forum(USB-IF)は、4つのデータ転送レートに対してそれぞれロゴを用意している。USBデバイスを買う際には、そのロゴを確認するといいだろう。

 USB 2.0のデバイスがHigh-Speedで使用できるデバイスかどうかは、Windowsのデバイスマネージャーで調べることができるが(図A)、この手順は簡単ではない。おそらく、目当てのデバイスが見つかるまでに、複数のUSB Root Hubを調べる必要があるだろう。

デバイスマネージャー
図A

 これには、まずデバイスマネージャーを開いて、[ユニバーサル シリアル バス コントローラー]の項目を展開する。そして、USB Root Hubのプロパティウィンドウを開く。下の方のUSB Root Hubから順番に試していった方がいいだろう。

 次に、[電力]タブをクリックする(図B)。もしこのハブに接続されているデバイスがあれば、[接続されているデバイス]の欄に表示されるはずだ。この例ではフラッシュメモリを接続しており、それが「USB Mass Storage Device」と表示されている。このRoot Hubには6つのポートがあり、そのうち1つがUSB Mass Storage Deviceに使用されている状態になっている。

接続されているデバイスを探す
図B

 最後に、[詳細設定]タブをクリックし、USBの速度を見る(図C)。私のシステムでは、上の6つのUSB Root Hubに6つのポートがLow-SpeedとFull-Speedで動作しており、下の2つがHigh-Speedで動作している。

データ転送モードを調べる
図C

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ