MS、ブラウザ版「Office Web Apps」のテクニカルプレビューを開始

文:Ina Fried(CNET News) 翻訳校正:湯木進悟
2009-09-18 07:27:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間9月17日、初のブラウザ版「Office」の公開テストを開始したが、今回のテクニカルプレビューでは、提供された機能そのものだけでなく、提供が見送られた機能も大きな話題となっている。

 「Office Web Apps」が正式名称となるブラウザ版の限定公開されたテストバージョンには、Word、Excel、PowerPointが含まれているものの、OneNoteは含まれていない。また、ExcelとPowerPointではドキュメントの作成および編集機能が提供されているものの、現在公開中のブラウザ版のWordは、すでに「Office Live Workspace」製品の一環で提供されているものと基本的に同じで、ドキュメントの閲覧機能に限定されている。

 Microsoftは、(最終的に)ブラウザ版のOneNoteおよびWordでも「同等の編集画面」が提供されるものの、現在は同技術が開発段階にあることを明らかにしている。

 同社は「今回の『Word Web App』テクニカルプレビューでは、初期段階としてベストなエクスペリエンスを提供できるように、編集機能をオフにするという難しい決定を下した」と説明している。

 Microsoftは、まず「Windows Live SkyDrive」のユーザーに対して、25Gバイトのストレージスペースを用意し、Office Web Appsのテクノロジプレビューを提供していく予定である。

 Office Web Appsは、次期版Officeとなる「Office 2010」と同時に正式リリースされる計画。ともに2010年前半のリリースとなる予定だ。Office Web Appsは、Windows Liveの一環として、広告で費用をまかなう形で一般消費者には無料提供されることが発表されている。企業向けには、社内の「SharePoint」サーバを通してか、「Microsoft Online」サブスクリプションサービスを通して、社員へと提供できるようになるとされる。

 Microsoftは、Office Web Appsの正式リリースまでにはブラウザ版のWordおよびOneNoteに編集機能が搭載される見通しを示している。現在公開中のテクノロジプレビューは数万人規模のユーザーに限定され、より幅広いユーザー層へと今秋後半にベータ提供が開始される予定だ。

 正式版のOffice Web Appsでは、すべての編集機能が提供されるものの、デスクトップ版のOffice 2010と完全に同じ機能が提供されるわけではない。たとえば、ExcelおよびOneNoteではリアルタイムに共同編集作業を進められる機能が提供されるものの、Office Web Appsの全機能は、ユーザーがインターネットに接続している時のみしか利用できない。

 さらに、Microsoftは、ドキュメントの共有機能に関しては、対抗する他のサービスと異なるアプローチを取っている。「Google Apps」ではドキュメントをダイレクトに共有可能だが、Office Web Appsではフォルダレベルでの共有に限られ、ドキュメントを共有するには、最初にWindows Live SkyDriveのフォルダにドキュメントを保存して、その後にフォルダを共有することが求められる。

「Office Web Apps」のテクニカルプレビュー画像 提供:Microsoft

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

  • コメント(1件)
#1 anonymous   2009-09-18 19:38:15
動作環境(ブラウザ・OS)と使い勝手も気になるところです。フォントも配布してくれるのでしょうか?
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ