「Word 2010」:デザイン、安定性を改善へ

文:Derek Schauland(Special to TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子
2009-09-09 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Word 2010の特徴である、すっきりと整理されたリボンインターフェースや、向上したパフォーマンス、新たに搭載された「Backstage」機能などについて紹介する。

 世界中で最も人気の高いワープロソフトであるMicrosoft Office Wordの次期バージョン「Word 2010」には、Word 2007から引き継がれている機能の他に、新たな機能がいくつか搭載されている。本記事ではこういった機能について紹介する。

 Word 2010のリボン(図A)はWord 2007のリボンとよく似ている。ただし、Officeボタンは小さくなり、OfficeスイートではなくWordアプリケーションにより関連付けられたものとなっているため、見た目の感じも良くなっている。しかし、Officeボタンにおける最大の変更は「Backstage」と呼ばれるメニューそのものだろう。BackstageメニューはOffice 2010のすべてのアプリケーションで利用可能であるものの、Wordにおいて最も有益なものとなるはずである。

図A

 Officeボタンをクリックすると、Wordのウィンドウ全体を覆うメニューが表示される(図B)。見てもらえれば分かるように、Backstage機能によって、現在編集中の文書についての情報やアプリケーションのオプションが表示されるようになっている。表示される情報には以下のようなものがある。

  • Permissions(アクセス許可)--文書のセキュリティや編集権限
  • Prepare for Distribution(配布準備)-- 互換性やアクセシビリティにまつわる文書内の問題のチェック
  • Versions(バージョン)--文書のさまざまなバージョンの管理

 Backstageメニューの右側には、現在編集中の文書のプレビューとプロパティが表示される。またこのメニューには、「開く」や「上書き保存」、「名前を付けて保存」、「最近使用した場所」、「Wordのオプション」など、従来のバージョンであればOfficeメニューやファイルメニューで表示されていたオプションも表示される。

図B 図B

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ