ノキア、「Ovi」用開発キットのベータ版をリリース

文:David Meyer(ZDNet UK) 翻訳校正:編集部
2009-09-07 12:42:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最新特集【一覧】

 ノキアが、「Ovi」アプリケーションプラットフォーム向けソフトウェア開発キットのテスト版をリリースした。

 同キットの提供は、ドイツのシュツットガルトで開催されたNokia World 09で、現地時間9月3日に発表された。また、自作アプリケーションへのナビゲーション機能組み込みを望む開発者向けの新しいAPIのリリースも併せて発表された。

 Oviソフトウェア開発キット(SDK)はウェブベースの開発者向けツールボックスで、Nokiaのスマートフォン向けOS「Symbian」または「Maemo」を搭載する端末向けに、ウェブサービスやアプリケーションを作成するために利用される。

 開発者は、CSSやHTML、JavaScriptといった標準的なウェブ技術を使って記述できる。

 Nokiaのブログ記事によれば、新しい「Ovi Navigation Player API」は既存の「Ovi Maps Player API」と併せて使うように設計されており、アプリケーションはユーザーを目的地まで導くことができるようになるという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。 原文へ

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ