作業をよりスムーズに--Microsoft WordのXML編集機能を活用するティップス10+選

文:Susan Harkins(Special to TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子
2009-08-03 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

#9:名前空間のエイリアスを非表示にする方法

 場合によっては、XML構造の要素名が長すぎて見にくいということもあるだろう(図G)。これは、「XMLデータ構造」作業ウィンドウのデフォルトでは、要素名に名前空間のエイリアスが表示されるようになっているためである。

図G 図G デフォルトでは名前空間のエイリアスが表示されるようになっているため、XML要素の階層が見にくくなっている。

 名前空間のエイリアスを非表示にするには、以下のようにすればよい。

  1. 「XMLデータ構造」作業ウィンドウの下部にある「XMLオプション」リンクをクリックする。
  2. 「XMLの表示オプション」にある「XMLデータ構造作業ウィンドウで名前空間エイリアスを非表示にする」オプションをオンにする。
  3. [OK]をクリックする。

 このようにすることで、表示される要素名が短くなり、XML要素の階層が見やすくなるはずだ(図H)。

図H 図H 名前空間のエイリアスを非表示にするにすることで、XML要素の階層が見やすくなる。

#10:XML要素が削除されないようにする方法

 場合によっては、XMLドキュメントの編集にあなた以外の人が携わるということもあるだろう。幸いなことに、他のユーザーに実際の内容の編集を許しながらも、XMLタグを保護できる文書保護機能が用意されている。この機能を利用するには以下の手順に従うだけでよい。

  1. 「XMLデータ構造」作業ウィンドウにある「文書内にXMLタグを表示する」チェックボックスをオンにする。
  2. [ツール]メニューから[文書の保護]を選択する。
  3. 「文書の保護」作業ウィンドウの「編集の制限」セクションにある「ユーザーに許可する編集の種類を指定する」チェックボックスをオンにする。
  4. [変更不可(読み取り専用)]を選択する(これはデフォルトであるため、おそらく改めて選択する必要はないはずだ)。
  5. 文書において要素の内容を選択する。
  6. 次に、「文書の保護」作業ウィンドウの「編集の制限」セクションにある「例外処理(オプション)」において、「すべてのユーザー」チェックボックスをオンにする(図I)。
  7. 他のユーザーに編集を許可するデータが含まれているXMLタグそれぞれに対して、上記の手順5と6を行う。
  8. [はい、保護を開始します]をクリックする。
  9. 文書をパスワードで保護するには、パスワードを2回入力する。また、文書を暗号化するには、[ユーザー認証]をクリックする。
  10. [OK]をクリックする。
図I 図I 他のユーザーが内容を編集できるようにする

#11:Office 2007のファイルを閲覧する方法

 Office 2007アプリケーションでは、Office Open XMLフォーマットというファイル形式が使用されている。このファイル形式では、ZIPによるデータ圧縮技術が採用されているのである。このため、Word 2007やExcel 2007、PowerPoint 2007のファイルにおけるXMLドキュメント部分を閲覧するには、該当ファイルの4文字の拡張子をZIPに変更した後、Windowsエクスプローラで開くことになる。すると、以下のようなフォルダやファイルが表示されるはずだ。

  • 「_rels」フォルダには、ZIPパッケージに格納されているアイテム間の関係を定義した「.rels」という名前のファイルが格納されている。Office 2007は、文書を開く際に必要となるすべての情報の格納場所をこのファイルから取得するようになっている。
  • メインの文書フォルダには、文書本体の内容が記述されているファイルや、(画像などを含む)メディアファイルが格納されている。また、設定やヘッダ、テーマなど、文書のさまざまなドキュメント要素も格納されている。
  • 「 [Content_Types].xml」ファイルには、コンテンツタイプを定義したものが格納されている。

 拡張子をZIPに変更するという方法によって、文書に関するさまざまな知識を迅速に得ることができるようになる。ただし、調べている最中にフォルダの構成やファイル名を変更してしまわないように注意してほしい。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]