作業をよりスムーズに--Microsoft WordのXML編集機能を活用するティップス10+選

文:Susan Harkins(Special to TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子
2009-08-03 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

#3:要素の属性を表示させる方法

 WordでXMLドキュメントを開くと、タグと内容の双方が表示されるようになっている。また、「XMLデータ構造」作業ウィンドウも右側に表示されるようになっている。では、属性はどこにあるのだろうか?属性を見るには、要素を右クリックし、表示されたコンテキストメニューから[属性]を選択することになる。この操作によって、属性の変更や削除が行えるダイアログボックスが表示される(図C)。属性の値を変更するには、属性の一覧から目的の属性を選択し、「値」を設定する。(作業ウィンドウが表示されていない場合には、Ctrlキー+F1を押下すればよい)。

図C 図C 要素の属性を表示する。

 要素に複数の実体が存在している場合、上記のダイアログボックスでは対象の実体を区別することができない。このため、該当ダイアログボックスを表示する際には常に、対象の要素をハイライト表示させておくことをお勧めする。

#4:オプションを設定する方法

 Wordでは、XMLファイルの取り扱い方法を設定できるようになっているものの、そういった設定場所を見つけ出すのは骨が折れるかもしれない。

  1. [ツール]メニューから[テンプレートとアドイン]を選択する。
  2. [XMLスキーマ]タブをクリックする。
  3. [XMLオプション]ボタンをクリックすると、「XMLオプション」ダイアログボックスが表示される(図D)。
図D 図D WordにおけるXMLファイルの取り扱い方法を設定する。

 より簡単な操作でこういったオプションを表示させることもできる。「XMLデータ構造」作業ウィンドウの下部にある「XMLオプション」リンク(図E)をクリックすればよいのである。なお、こういったオプションは、現在のドキュメントに対するものである点に留意してほしい。つまり、他のXMLファイルを開いた場合には、再度表示させる必要があるのである。

図E 図E メニューを使わず、「XMLオプション」リンクをクリックすることで、「XMLオプション」ダイアログボックスを表示させることができる。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]