「Microsoft Office Word」のあまり知られていない便利なショートカット10+選

文:Jody Gilbert(TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子
2009-04-15 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ほとんどのユーザーには、テキストの書式を変更する際に使用するお気に入りのショートカットというものがあるはずだ。こういったショートカットには、太字にするためのCtrlキー+Bや、斜体にするためのCtrlキー+I、下線を付けるためのCtrlキー+U、あるいはテキストを左揃えにするためのCtrlキー+Lといったものがあるだろう。しかしWordでは、書式ツールバーのボタンを用いてこういった操作が行えるようになっているため、ショートカットを利用すれば必ず効率がアップするとは言い切れないのである。

 本当に便利なショートカットというものは、あまり知られていないのである。すなわち、該当のショートカットに相当するボタンがデフォルトでは用意されていないため、その存在を知らなければ、適切なオプションを探してあちこちダイアログボックスを見て回ることになりかねないというものだ。そういった、知っておくととても便利なショートカットを以下に挙げる。

キー 機能
Ctrl + Shift + D 選択したテキストに二重下線を付ける
Ctrl + ] 選択したテキストのサイズを1ポイント大きくする
Ctrl + [ 選択したテキストのサイズを1ポイント小さくする
Ctrl + Shift + A 選択したテキストの文字すべてを大文字にする
Ctrl + = 選択したテキストを下付きにする(もう1度押下すると元に戻る)
Ctrl + + 選択したテキストを上付きにする(もう1度押下すると元に戻る)
Ctrl + Shift + Q 選択したテキストのフォントを「Symbol」に設定する
Ctrl + Shift + N 現在のパラグラフのスタイルを「標準」に設定する
Ctrl + Alt + 1 現在のパラグラフのスタイルを「見出し1」に設定する
Ctrl + Alt + 2 現在のパラグラフのスタイルを「見出し2」に設定する
Ctrl + Alt + 3 現在のパラグラフのスタイルを「見出し3」に設定する
Ctrl + Shift + L スタイルを「箇条書き」に設定する
Ctrl + 0(ゼロ) 現在のパラグラフの上にスペースを挿入する(もう1度押下するとそのスペースが削除される)

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ