NVIDIA、任天堂のWii開発者向けにPhysXテクノロジを提供

文:Brooke Crothers(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部
2009-03-23 14:59:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グラフィックチップメーカーのNVIDIAは、Wii開発者向けにPhysXテクノロジの提供を開始したと発表した。同社は米国時間3月18日にも、ソニーの「PLAYSTATION 3」向けPhysXツールおよびミドルウェアプロバイダーになったと発表したばかりだ。

 NVIDIAは19日の任天堂関連の発表で、同社がWii向けサードパーティーツールソリューションプロバイダーとして認定されたと発表した。その結果、NVIDIAは、登録されたWii開発者向けにPhysXテクノロジのソフトウェア開発キット(SDK)の提供を開始したという。

 NVIDIAのPhysXテクノロジは、物理法則を基礎とし、ゲームに登場する物体がゲーム内の物理事象に動的に反応可能にするための技術。一般にNVIDIAの主張するPhysXのパフォーマンスは、同社グラフィックチップ上でのものだ。しかし、NVIDIAの広報担当Bryan Del Rizzo氏によると、これはPCの場合のみ当てはまるという。ゲーム機の場合、PhysXプロセシングは、GPU(グラフィックスプロセシングユニット)が存在してもGPUではなく、CPU(セントラルプロセシングユニット)によって行われるという。

 任天堂のWiiにはPowerPCベースのCPU「Broadway」とAMD-ATIのGPU「Hollywood」が使用されている。一方、ソニーのPLAYSTATION 3にはIBM製CellプロセッサとNVIDIA製GPUが使用されている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ