フォトレポート:NASAの最新ミッションに迫る

文:Selena Frye(TechRepublic) 翻訳校正:川村インターナショナル
2009-02-23 07:30:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
NASAは現在、70以上のミッションを行っており、さまざまなものを研究している。月や火星への有人飛行計画、いまだ謎の多い「極中間圏雲」の探査など、あまり知られていないミッションを紹介する。

提供:Lockheed Martin Corp.

 「Orionは、国際宇宙ステーションにクルーと貨物を運ぶことができる。さらに、地球低軌道上で月着陸モジュールや地球離脱ステージとランデブーしてクルーを月に運び、さらにいつかは、地球低軌道上に組み立てた火星行きの宇宙船へと運ぶことができるようになる。Orionは、月や火星から帰ってきた際の地上帰還用宇宙船になる。Orionの設計は、過去の宇宙船カプセルの形状を取り入れているが、コンピュータや電子機器、生命維持システム、推進システム、熱防護システムには21世紀のテクノロジを利用している」

フォトレポート:NASAの最新ミッションに迫る 文:Selena Frye(TechRepublic) 翻訳校正:川村インターナショナル
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]