「App Store」のアプリケーション数が1万以上に--アップル、サイト広告で明らかに

文:Josh Lowensohn(CNET News.com) 翻訳校正:編集部
2008-12-08 15:29:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは12月5日付けのThe New York TimesとThe Wall Street Journalの全面広告を利用し、「iPhone」向けアプリケーションのカタログとダウンロードの数を発表した。

 下に掲示した通り、この広告によると、「App Store」のカタログには1万以上のアプリケーションがあり、アプリケーションダウンロード回数は3億以上に達したという。先日も、ダウンロード可能なプログラムの総数が1万件に達したという報道があったばかりだった。だが、Appleは3億回のダウンロードのうち、無料と有料のアプリケーションが占める比率を公開していない。

 AppleはCNET Newsに宛てた電子メールでも、2008年7月初めにスタートした時点でApp Storeのアプリケーション数は500種類だったが、半年以内で1万件に達したと述べている。

画像の説明
提供:Apple

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ