RIM、BlackBerry向けにアプリケーションセンターを立ち上げか

文:Dave Rosenberg(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟
2008-10-07 07:58:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Research In Motion(RIM)のマーケティングチームは、Appleのマーケティングに対抗する方法を見い出したようである。

 幸いにも、新たにリークした情報は、実にクールな内容である。CrackBerry.comBoyGeniusReport.comでは、新たな「BlackBerry Storm」のユーザーガイドおよび「BlackBerry Application Center」の写真などが掲載されている。iPhoneの「App Store」が人気を博す中で、とりわけBlackBerryユーザーには、「BlackBerry Application Center」の登場が待ち望まれている。

 依然として詳細は明らかになっていないが、Gizmodoは、BlackBerry Application Centerについて、少し突っ込んだ報道をしている。

BlackBerry App Center
提供:CrackBerry.com

 App Storeに対抗すべく、RIMが開設するBlackBerry Application Centerは、ある致命的な問題により、App Storeほどの期待は抱けないだろう。その問題とは、BlackBerry Application Centerが、通信キャリアによって運営されるものになるという点にあり、携帯電話サービス提供会社が、たとえRIMによって承認された後でさえ、アプリケーションの提供を拒否することも可能になってしまう。そして、ここが不可解な点でもあるのだが、すべてのアプリケーションは、デバイス上のブラウザを介してのみダウンロード可能であり、BlackBerry Application Centerは、検索、閲覧、デバイスからのプログラムの削除しかできない。BlackBerry Application Centerから、ダイレクトにアプリケーションをインストールすることはできないのだ。

 筆者は、まだ1週間しかiPhoneを試用する機会がないものの、iPhone本体および搭載機能が気に入っている。とはいえ、AT&Tの提供サービスには満足していない。Macのデスクトップと統合された使い勝手の良さや、新たなアプリケーションの入手方法などは、群を抜いた出来栄えだと感じている。もしBlackBerryユーザーにとっても、同じようなユーザーエクスペリエンスが提供されるならば、非常に大きな価値があるだろう。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ