builder by ZDNet Japanをご愛読頂きありがとうございます。

builder by ZDNet Japanは2022年1月31日にサービスを終了いたします。

長らくのご愛読ありがとうございました。

SEOとは--UFOと関係あるの?

文:Bethan Jones(silicon.com)  翻訳校正:村上雅章・野崎裕子
2008-09-24 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

--判ったよ。とても重要というわけだな。それで、どうやるんだい?

 SEOのプロセスは非常に複雑だし、ウェブサイトの最適化方法についてはここですべてを説明することなど不可能なくらい数多くの考え方があるんだ。だけど、最初に説明しておくべきシンプルかつ優れた要素はキーワードだろうね。キーワードというのは、インターネットユーザーがコンテンツを検索するために検索エンジンに入力する単語のことだよ。サイトのオーナーは、どのようなコンテンツで検索結果の上位に入りたいかを決め、それに従ってキーワードを組み込んでいく必要があるのさ。

 キーワードを決める際には、顧客像や、販売あるいは宣伝の対象とするものを考慮する必要があるんだ。検索エンジンはウェブサイトに記載されている特定のキーフレーズを探してインデックス化し、検索クエリに対して返す最適なサイトをそこから選択するからね。自分のビジネスに用いる一連のキーワードが決まったのであれば、かわいいボットが簡単に読み、インデックス化できるかたちでそれらをウェブサイトに組み込まなくちゃいけない。

--結構簡単そうだな。ウェブサイトにそういったキーワードをどっさりと盛り込むだけで、万事オッケーってわけだ?

 うーん、そういわけにもいかないんだ。ウェブサイトに特定のキーワードやキーフレーズを詰め込み過ぎると、「キーワードスタッフィング」として知られる「邪悪なSEO手法」だと見なされるおそれがあるからね。

--邪悪だって?

 要するに「下心のある悪いSEO」ってことさ。ウェブサイトが検索結果の上位に現れるようにするためのズルいやり方だ。この手法を使っているのがバレたら、検索エンジンによってペナルティが課せられて、場合によってはデータベースから削除されることもあるんだよ。

 邪悪なSEO手法としては他にも、人間の目には見えない(例えば背景色が白のページに書かれた白い文字列)けれど、ボットには読み取ることのできる文字列を隠しておくというものがあるかな。用いる手法が道義に適っているかどうかを判断する良い目安は、そのコンテンツがサイト訪問者にとって利益のあるものとなっているかどうかを自問してみることだね。Googleはウェブマスター向けガイドラインの中で「検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成してください。ユーザーをだますようなコンテンツは作成しないでください」とアドバイスしているよ。

ブログの新規登録は、2021年12月22日に終了いたしました。

folllow builer on twitter
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]