フォトレポート:インターネットを支えるパケット交換技術--その誕生から40年

文:Tim Ferguson(silicon.com)  翻訳校正:村上雅章・野崎裕子
2008-08-13 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パケット交換技術が誕生してから2008年で40年になる。この技術を生み出した英国の国立物理学研究所によって提供された写真とともに、その意義を紹介する。

提供:NPL

 パケット交換とは本質的に、その他のデータと共有されるデータリンクを用いて、ノード間でデータの小包(パケット)をルーティングすることである。

 この技術は、インターネットの前身とも言えるARPANET(Advanced Research Project Agency Network)を開発していた米国防総省の科学者らによって採用された。

 「2つのことが起こった。1つは、当時ARPANETを作り上げようとしていた人々に影響を与えたということである--彼らは結果的に(Davies教授が)提唱した重要な構造を採用し、それをARPANETに組み込んだのだ」(Pethica教授)

 写真はNPLのPilot ACEコンピュータである(1950年撮影)。これは近代的なコンピュータの先駆けとなった1台であり、ロンドンに設置された最初の近代的なコンピュータでもあった。Donald Davies教授は、このマシンの設計とそのプログラムにおける主要貢献者の1人であったのだ。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]