フォトレポート:戦車の歴史--1世紀の歩みをたどる

文:Daniel Terdiman(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル
2008-08-08 07:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米国陸軍基地のフォートノックスは金塊貯蔵所で有名だが、戦車博物館もある。第一次世界大戦から現代まで、約1世紀に及ぶ戦車の歴史を振り返る。

提供:Daniel Terdiman/CNET News.com

 米国時間6月22日、わたしはケンタッキー州ルイビルのすぐ南にある陸軍基地、フォートノックスを訪れた。ここには米国の金塊貯蔵所、通称フォートノックスがある。

 しかし、フォートノックスは、George Patton将軍博物館がある場所でもある。この博物館には、George S. Patton将軍の名前を有名にした軍用品の一種である戦車のコレクションが多数展示されている。

 この写真は、「Ontos」という名前で知られている米国の車両で、米軍が貨物輸送機で運ぶことができる低コストの対戦車兵器として、1955年から使い始めた。乗員は3名で、「M40A1C」106mm無反動ライフルが6丁、「M8C」50口径スポッティングライフルが4丁搭載されていた。重量は2万ポンド(約9.1t)で、時速30マイル(約48.3km)で100マイル(約160.9km)走向できた。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ