PowerPointのスライドショーを問題なく動かすための7つのショートカット

文:Jody Gilbert 翻訳校正:石橋啓一郎
2008-07-22 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キーボードショートカットを思い出すのは、机上でプレッシャーのかからないプロジェクトに取り組んでいる時でさえ大変だ。まして聞き手の前に出た時には、頭は真っ白になってしまうものだ。あなたの意識は発表している資料と聴衆をつかむために集中すべきで、「前のスライドに戻るためにはどうしたらいいか」というようなことに気を取られるべきではない。これが、いくつかの便利なショートカットを選んで、くせになるまで慣れておいた方がいい理由だ。キーボードを使ってプレゼンテーションを行う場合には、以下のショートカットを覚えておけば切り抜けられるだろう。

動作 ショートカット
プレゼンテーションを最初のスライドから開始 F5
次のアニメーションを動かす、または次のスライドに移動 Enter または スペースキー
前のスライドに戻る BackSpace
スライドショーの終了 Esc または - (マイナス)
最初(または最後)のスライドにジャンプ Home(またはEnd)
特定のスライドにジャンプ スライド番号を入力し、Enter
黒い(または白い)画面の表示、または黒い(または白い)画面からの復帰 B(またはW)

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]