Excelのセルにドロップダウンリストを設ける方法

文:Susan Harkins  翻訳校正:石橋啓一郎
2008-06-20 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Accessでは、リストコントロールから値を選択させるようにすることで、ユーザーの入力を限定することができる。Officeアプリケーションでも同様の機能の組み込みのドロップダウンリストを使っている。例えば、ほとんどの書式ツールバーの蛍光ペンやフォントの色のコントロールは、この柔軟性の高いツールを使っており、アイコンの右側にある小さな三角をクリックすると、選択肢のリストが表示される。

 Excelシートの利用者のために同様のコントロールを作成することもできるが、この手順は直感的なものではない。このオプションは、「データ」メニューの「入力規則」機能の中にある。幸運なことに、一度この機能があると分かってしまえば、実現するのは簡単だ。必要なのは、リストとデータ入力セルの2つだけだ。次のシートはExcelシートで単純なドロップダウンリストを使っている例である。

Excelシートでドロップダウンメニューを使った入力を実現している例

 ユーザーはドロップダウンの矢印をクリックすることで、A1:A4の項目のリストを表示することができる。ユーザーがリストにあるもの以外の値を入力しようとすると、Excelはその入力を拒否する。シートにこのドロップダウンリストを追加するには、次のような手順に従う。

  1. リストをA1:A4のセルに作成する。同じように、リストの項目をA1:D1のように行に作ることもできる。
  2. セルE3を選択する。(ドロップダウンリストは、ほとんどすべてのセルに置くことができ、複数のセルに置くこともできる)
  3. 「データ」メニューの「入力規則」を選択する。
  4. 「入力値の種類」オプションのドロップダウンリストから、「リスト」を選択する。(このようにドロップダウンリストはどこにでも現れる)
  5. 「元の値」のコントロールをクリックして、A1:A4のセルをドラッグして選択する。あるいは、単にこの範囲に対するリファレンスを入力してもいい($A$1:$A$4)。
  6. 「ドロップダウン リストから選択する」オプションがチェックされていることを確認する。このリストのチェックを外した場合でも、Excelはユーザーにリストの値からの入力だけを受け付けるようになるが、ドロップダウンリストは表示されない。
  7. 「OK」をクリック。

 ドロップダウンリストを複数のセルに追加することもできる。この場合、1つのセルだけでなく、データ入力セルの範囲を選択する(手順2)。この操作は連続していないセルに対しても行うことができる。この場合、コントロールキーを押しながら対象となるセルをクリックする。

 ドロップダウンメニューを示す矢印は、そのセルがアクティブになった時にだけ表示されることに注意して欲しい。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]