フォトレポート:スペースシャトル「ディスカバリー号」が無事帰還

CNET News.com Staff
2008-06-16 14:38:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スペースシャトルDiscoveryは、国際宇宙センター(ISS)への2週間に及ぶ570万マイル(約917万km)のミッションを終え、米国東部夏時間午前11時15分19秒にケネディ宇宙センターに着陸した。

提供:Daniel Terdiman/CNET News.com

 CNET News.comの記者Daniel Terdimanは米国時間6月14日、フロリダ州にある米航空宇宙局(NASA)のケネディ宇宙センターで、スペースシャトルDiscovery着陸の様子を取材した。Discoveryは、国際宇宙センター(ISS)への2週間に及ぶ570万マイル(約917万km)のミッションを終え、米国東部夏時間午前11時15分19秒にケネディ宇宙センターに着陸した。今回のミッションの1つは、Gregory Chamitoff氏を宇宙ステーションに連れて行き、逆にGarrett Reisman氏を連れて帰ることだった。また、Discoveryは、日本の実験モジュール「きぼう」の与圧モジュールとロボットアームを宇宙ステーションに運搬した。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ