仮想OS X on OS Xが可能に!:Parallels Server新β

大野晋一(編集部)
2008-05-02 17:44:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最新特集【一覧】

 Parallels Serverの最新βで仮想化された環境でMax OS Xを利用可能となった。条件付きの限定的なものながら、うれしい人も多いのではないだろうか?

 OS Xを仮想化環境で動かすにはいくつかの「壁」が存在する。そのうち最も大きな壁だったライセンスの問題が最近解決した。Appleが公開した新しいライセンスでは、

     
  • ハードウェアにMacを利用  
  • ホストOSがMac OS X Server  
  • ゲストOSがMac OS X Server
という条件下で、仮想化されたMac OS Xの利用が許可されている(これは筆者の解釈であり、正確にはソフトウェア使用許諾契約書を参照のこと)。

 もう一つの「壁」であった、そもそも仮想化されたMacの実装が市場に存在せず利用不可能、という壁も今回のParallels Serverでクリアされたことになる。また、VMWareもVMware Fusion上でMac OSを稼働させることに成功しているようだ。こちらの公開にも期待したい。

Supports virtualizing Mac OS X Leopard Server in a virtual machine running on a Mac OS X Leopard Server platform.
builder extra - the Web filtered by humans, not bots
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ