みんなお世話になったあのGoLiveが終了

大野晋一(編集部)
2008-04-30 21:00:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Adobe GoLiveの開発および販売の終了がアナウンスされた。今後はDreamweaverが同社のWebオーサリングソフトとして開発・販売されることになる。

 AdobeのWebオーサリングソフトといえば、Macromediaの買収まではGoLiveだった(もっともGoLive自体、Adobeが買収して手に入れたものだ)。独特の操作感や画面レイアウトなどでAdobeの製品群の中でも異彩を放っていたが、これじゃなきゃ、というユーザーも多かったはず。

 とはいえ、Adobeのクロスメディア戦略―HTMLとFlashを融合させたAIRが典型―にGoLiveがついてこれていなかったのも事実。この分野ではDreamweaverが圧倒的な強みを持っていた。GoLive、お疲れ様!

アドビではこのたび、長年皆様にご愛用いただいたWebオーサリングアプリケーション、Adobe GoLive 9の開発および販売を2008年4月28日をもって終了させていただくこととなりました。
builder extra - the Web filtered by humans, not bots
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ