iPhone 2.0では携帯電話網にアプリケーションもアクセス可能?:WWDCサイトより

大野晋一(編集部)
2008-04-17 18:53:02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最新特集【一覧】

 今年のWWDCは、予想通りiPhoneで盛り上がりそうだ。Appleの公開したWWDC 08のスケジュールサイトでは、MacやITと並んでiPhoneが柱の一つとなっている。

 iPhone SDKは未だNDA下にあり、詳しい情報を得ることができないが、WWDC 08のセッションスケジュールを見れば概要程度はわかるかもしれない

 たとえばセッション名にはCore AnimationやOpenGL ES、Core Audio、OpenALといったMac OS Xの開発者にはおなじみの単語が並ぶ。このことから、iPhone 2.0ではこれらの基盤技術が利用可能であるという予測ができるだろう。また、「Managing Certificates for iPhone and Mac OS X」というセッションからはサードパーティiPhoneアプリケーションでは電子証明書によってセキュリティの確保が行われるという予測ができる。ほかにも、「Wireless and cellular access and bandwidth use.」という記述からはサードパーティアプリケーションから携帯電話網へアクセスできる可能性が伺える。

 Macのセッションも見てみると、基盤技術のかなりの部分でMac OS XとiPhoneの共通化が図られている模様。とはいえ、メモリマネジメントなどモバイル固有の問題もある。WWDC 08ではメモリフットプリントの最小化や 電力消費の最適化といったモバイル開発に関するハンズオンも提供される。

 今年のWWDC、iPhoneやiPod touchでの開発に興味のある開発者なら是非とも参加したいイベントになりそうだ。

iPhone OS is the world’s most advanced mobile operating system providing developers with an amazing platform for creating the next generation of innovative mobile applications. Choose from a wide range of sessions offered in the iPhone development track and gain the knowledge you need to develop captivating native and web-based applications for iPhone and iPod touch.
builder extra - the Web filtered by humans, not bots
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ