時代遅れになったポートたちトップ10

文:Ian Morris(crave.cnet.co.uk) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子
2008-04-15 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
歴史の闇の彼方に消え去ってしまった、あるいは消え去りつつあるポートに対して、crave.cnet.co.ukの記者が英国らしいセンスで追悼の言葉を贈る。

提供:crave.co.uk

 生存競争に生き残り、使い続けられるポート、そしてケーブルを抜かれ、退役させられるポートというものは、一体誰が決めるのだろうか?ガジェットの運命を左右する気紛れな女神は、あらゆる要素を見て総合的な判断を下しているわけではないため、最悪とは言えないのものでも消え去ってしまうことがしばしばある。ここでは、一時的にもてはやされ、話題に上ったものの、技術進化の表舞台から姿を消すことになった可哀想な、そして嘆き悲しむべき時代遅れのポートを10個まとめている。

 われわれは毎日、何かをどこかに差し込んでおり、その度に「これは便利だし、実際によく出来ている」と思ったり、「どうして端子の多いポートって、こんなに固くはまってるんだ?」と思ったりしているはずだ。そこで本記事では、世の中から必要とされなくなった入力ポートに対するお別れの儀式を執り行いたいと思う。みなさんもふるってご参加いただきたい。

 ここに紹介するポートはいずれも、われわれのお気に入りだからという理由や、その悪口を言うのが大好きだからという理由で選ばれたものである。その中には、あなたが同意できないというものもいくつか含まれているはずだ。そういった際にはコメント欄で熱弁をふるうなり、われわれの書き手としての力を一から問い詰めてみたり、テクノロジについての記事を書く権利の剥奪を画策したりしてほしい。また、この特集を楽しむことができた、頭のスイッチング速度が高速な方は「Top ten off switches(スイッチを斬る!トップ10)」(http://crave.cnet.co.uk/0,39029477,49293357-1,00.htm)も楽しめるかもしれない。

 では、歴史の闇の彼方に消え去ってしまった、あるいは消え去りつつある、お気に入りのポートをめぐるツアーに出かけることにしよう。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ