プロジェクトの要求をまとめていくためのインタビューテクニック

文:Tom Mochal(TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子
2008-04-07 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最新特集【一覧】

 ユーザー要求を収集する方法はいろいろだ。その中でもインタビュー--ユーザーのニーズを明確にするために、(インタビュアーとともに問題点を洗い出し)新たなソリューションを決定できる人々と話し合うこと--は、ほとんどのプロジェクトにおいて必ず用いられる手法だと言ってもよいだろう。

 インタビューは、相手の思考プロセスが論理的かつ体系付けられたものである場合にはそう難しい作業ではない。しかし、いつでもそういった相手とインタビューできるとは限らないため、さまざまなテクニック駆使することでインタビューを軌道に乗せ、適切な方向へと導いていく必要があるのだ。

 ユーザー要求の収集プロセスをより円滑にするためのインタビューテクニックは数多く存在している。そのいくつかを以下に紹介する。

一般的な質問から始める

 インタビューの最初では、対象を絞った細かい質問を避けるのが普通である。最初はより高次の、そしてより一般的な質問をする方が良いだろう。こういった質問は、インタビュー相手による何らかの説明や描写を必要とし、「はい」や「いいえ」といった二値的な答えを返すことのできないような、自由回答形式のものとなっていなければならない。

詳細を聞き出すような質問をする

 自由回答形式の一般的な質問をした後には、詳細を聞き出せるような質問を投げかけてみよう。こういった質問は最も価値の高いものとなるはずだ。その答えが、成果物となる詳細な要件定義書にそのまま記述されることも多いためである。

粘り強く取り組む

 インタビュー相手の言おうとしていることが判りにくいと感じた場合には、補足の質問をするようにしよう。また、相手の言いたいことを端的に表した例を挙げてもらうよう頼むという手もある。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ