Google、宇宙の仮想マップサイトをオープン

文:Garett Rogers(Special to ZDNet.com)
翻訳校正:南紀奈子
2008-03-17 20:02:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Google Earth」の「Google Sky」が、「Stellarium」などに比べるとやや劣っているのは周知の事実だ。Microsoftの「World Wide Telescope(WWT)」をいじることのできた幸運な人々によれば、こちらもGoogle Skyをしのぐ出来だという。

 Google自身、今春に予定されているWWTの公開までに、Google Skyを十分に改良できないのはわかっているはずだ。だからこそ、夜の星空を見せてくれる新たなウェブインターフェース を発表したのかもしれない。とはいえ、まだまだ足りない部分もたくさんあるサイトだ。Stellariumのように地面を写り込ませることができれば、自分が何を見ているのかわかって楽しいのになと思うのは、わたしだけだろうか。

Googleの仮想宇宙マップサイト

「Google Maps」と同じ要領で宇宙を探索できる。

 なにはともあれ、このサイトはなかなかよい。新しいアプリケーションを開発するよりずっと簡単だったろうし、わたしが見たところでは、Google Earthとほとんど同じ機能を備えているようだ。「Google Maps」「Google Moon」「Google Mars」などと共通する技術が利用されているのである。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]