アップル、iPhone SDKイベント開催

文:Tom Krazit(CNET News.com) 翻訳校正:編集部
2008-03-07 03:08:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10:46:Appleは数週間前、一部のサードパーティー開発者をiPhone SDKに招待し、2週間で何ができるかを試してもらったという。EAのTravis Boatmanが壇上に登場し、モバイル版のSporeをデモした。

10:50:続いて、Salesforce.comのChuck Dietrich氏が登場。Salesforce.comでの事例を紹介。

10:54:AOLのRizwan Sattar氏が登場し、iPhone用のAIMを2週間で開発できたことを紹介。

10:59:医療用ソフトウェアを開発するEpocratesが事例を紹介。SQLデータベースにアクセス可能なアプリケーションが開発できたという。

11:02:事例紹介で最後に登場したのはSega。ゲーム「Super Monkey Ball」を初紹介した。このゲームでは、加速度計を使う。

11:03:このように開発されたアプリケーションがどのようにiPhoneに届けられるか?ここで、Jobs氏再登場。

11:05:開発者は自分の開発したアプリケーションがすべてのiPhoneユーザーに届けられることを望んでいる、とJobs氏。同氏は、これは難しい作業だがAppleはソニューションを用意したと続け、App Storeを紹介。App Storeは、アプリケーションをiPhoneに直接配信するためにAppleが開発したアプリケーション。

11:05:App StoreはiPhoneに統合される。アプリケーションを人気度、タイトル、ジャンルで検索できる。アプリケーションは、iPhoneにEDGEまたはWi-Fi経由でダウンロードされる。

11:07:App Storeでは、アプリケーションが更新されたことをユーザーに通知する機能もある。ただし、同機能がiPhoneへアプリケーションを配信する唯一の方法となる。

11:08:開発者は、アプリケーションの価格を決めることができ、売り上げの70%を得ることができる。Appleは30%を得る。クレジットカード、ホスティング、マーケティングなどの費用は不要。売り上げは月額で支払われる。アプリケーションを無料にした場合、費用はかからない。

11:09:「何か制限はあるか?」とJobs氏。「もちろん」と語り、iPhone用ポルノをあげた。

11:10:これらすべては2.0ソフトウェアアップデートで手に入れることができる。これには、SDK、企業向け機能が含まれている。ベータリリースは本日から、正式版は6月末にリリースされる。無償のソフトウェアアップデートとなる。

11:11:同じソフトウェアは、iPod touch上でも利用できる。すべてのゲームやアプリケーションがiPod touch上で実行できる。ただし、企業向け機能は異なる。Jobs氏によると、iPod touch向けアカウンティングポリシーは異なるため、ソフトウェアアップデートに課金することを予定しているという。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]