「善良なMicrosoft」という恐怖

文:Dana Blankenhorn(Special to ZDNet.com)
翻訳校正:南紀奈子
2008-03-04 19:30:02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ZDNet Healthcare」の「HSMSS(Healthcare Information and Management Systems Society)」イベントを取材している間、しばしば耳にしたのが、「善良なMicrosoftがおよぼす脅威」についてだ。

 オープンソースを支持し、「Codeplex」でコードを公開し、フォーマット変更問題ではオープンソース陣営に加わってプロジェクトを進める「善良なMicrosoft」は、決して見せかけの姿というわけではない。

 彼らは真剣だ。これは、新たな戦略なのである。善意を武器にオープンソースをつぶす気だ。

 同社がこの戦略を維持していけば、「Open XML」や「SharePoint」をめぐる大騒ぎはいずれ沈静化するだろう。Microsoftは、1980年代に同社が宣言したとおり「オープン」な企業となり、国中にMicrosoft礼賛の声がわき起こる。

 笑い事ではない。

 プロプライエタリコードを駆使して人々を縛る代わりに、Microsoftは人々がオープンソースから手に入れたいと思っているものを与え、オープンソースプロジェクトよりはるかに巧みにこれをサポートし、最終的には企業市場でシェアを取り戻そうと画策しているのではないか。

 もちろん、これはあくまで理屈だ。

 Microsoftの現在の取り組みは、同社の誠意から出たものだと仮定してみよう(実に大胆な仮定ではある)。だが、もしもこれが戦略であるなら、同社のサポート力や開発力、エンタープライズ分野における支配力などは、あらゆるオープンソースプロジェクトにとって、十分脅威となるはずだ。

 ひょっとすると、これこそMicrosoftが編み出した最強の戦略かもしれない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • コメント(3件)
#1 D298   2008-03-05 09:36:17
この戦略、なにか問題あるのかな?
#2 kmizukami   2008-03-05 13:38:29
企業市場でシェアを取り戻した後にマイクロソフトが豹変する以外は問題ありませんね。
#3 BLACK.   2008-03-06 12:39:59
その通り、シェアを取り戻した後に豹変しなければ。
そして豹変歴があります。
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]