GmailのGoogle Talkにステルス機能が!

文:Garett Rogers(Special to ZDNet.com)
翻訳校正:南紀奈子
2008-02-25 18:32:02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleが「Gmail」に「Google Talk」との連係機能を追加したのはずいぶん前だが、一部のユーザーは、GmailにログインするとGoogle Talkにも自動的にログインしてしまうのを不満に思っていた。そこで同社は、Gmailページの下にあるリンクをクリックすることで、「チャット機能なし」というモードを選べるようにした。

 これで問題は一応解決したのだが、今度は、ログインしたいがオンラインであることは公にしたくない相当数のユーザーが、割を食ってしまった。オンライン状態を隠す機能は、人気のあるチャットクライアントなら大半が備えているが、なぜかGoogle Talkはオンラインもしくはオフラインの別をはっきりさせたがるツールで、オンライン状態を隠すことはできない。

「Gmail」の「Google Talk」クライアントでオンライン状態を隠せるように

 Google Talkのデスクトップクライアントはまだ対応していないものの、ここへ来てGmail上のクライアントではこの機能が有効になった。オンライン状態を隠してGmailにログインしても、チャットできる相手のリストは表示される。

 しかし、同機能を使うユーザーが増えれば増えるほど、チャットが可能な相手のリストが減るわけで、諸刃の剣だとも言える。Google Talkユーザーの大部分がGmailから同クライアントを利用しているため(自分のコンタクトリストを見て、氏名の隣に電話番号が書かれていないユーザーを数えてみればすぐにわかる)、この点はトラブルの種になりそうだ。

 それでも、ある程度のリスクは承知のうえでこうした機能を付け加えたのは、賢明な判断だと思う。Googleは、ごく当たり前のユーザーニーズを満たしただけなのだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ