エクセルで分数が日付に解釈されるのを防ぐ

文:Mary Ann Richardson  翻訳校正:石橋啓一郎
2008-02-22 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セルの表示形式を分数を指定しないで分数を入力した場合、Excelは分数を日付に変換する。例えば、「1/20」をセルに入力すると、Excelはそれを直ちに「Jan-20(1月20日)」に変換してしまう。このセルを分数の形式に直そうとすると、Excelはこれを「Jan-20(1月20日)」の内部的な値である39467に変換する。このような場合、もしExcelにセルへの入力を分数として認識させたければ、データの入力前にセルの書式を適切な種類の分数にしておく必要がある。

 例えば、Acessのデータベースの表の1/20、2/13、10/11が含まれる列を取り込みたいとしよう。この場合、その前にデータを含むセルの列の書式を、適切な種類の分数に指定しておく必要がある。次の手順に従えばよい。

  1. 分数のデータを含む列を選択。
  2. 選択した列を右クリック。
  3. 「セルの書式設定」を選択。
  4. 「表示形式」タブの「分類」から「分数」を選択。
  5. 「種類」で「2桁増加(21/25)」を選択し、OKをクリック。

 これで、その列にデータを取り込んだ時、Excelはそれぞれの入力値を分数として扱うようになる。30/750のような分数を含むデータを扱う場合には、手順5で「3桁増加(312/943)」を選択するということを念頭に置いておいて欲しい。あるいは分母を100にした形でデータを表示したければ(例えば30/65を46/100と表示したいような場合)、手順5で「分母を100に設定(30/100)」を選択する。

 別の方法として、もし分数を計算で使わないのであれば、データを入力する前にセルの書式を「文字列」に設定しておけば、Excelへの入力が日付に変換されることはない。この場合、手順4で「分類」から「文字列」を選択し、OKをクリックする。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]