PowerPoint講座:説得力のある表を作成する方法教えます

文:Susan Harkins(Special to TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子
2008-02-20 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 次のステップは見出し列を追加し、金額データに利益と損失という見出しを表示することだ。そのためには、2005年の列のいずれかを選択し、[表]メニューのドロップダウンリストにある[左に列を挿入]をクリックする(図F)。(PowerPoint 2007では、セルを右クリックして表示されるサブメニューから[挿入]を選択する。)なお、このメニューにあるオプションは、どれも内容を把握しておいた方が良いだろう。

図F 図F 行や列の追加や削除を行うためのオプションが数多く用意されている

 しかしこれにより、この表に「新たな問題」が2つ追加されることになる。列の追加によって先頭の行に不必要な見出しセルが追加されたという問題と、スライドに表が収まらなくなってしまったという問題である(図G)。最初の問題の解決は簡単だ--2つの見出しセルを結合すればよいのだ。

図G 図G 問題を解決することによって新たな問題が生み出されることもしばしばある

 サイズの問題に取り組む方法はいくつかあるが、最も簡単な方法は、各列の右側にある枠をダブルクリックすることで、見出し列(クリックした枠の左側の列)の幅を狭くすることだ。これを行った場合、PowerPointはその列中にある最も大きな既存の値に合わせて列幅を自動調整する。これでもまだ表がスライドに収まらない場合には、その他の列の幅についても、各列の右側にある枠を少しだけ左にドラッグすることで狭くしていくことができる。

 また、行の高さも同様に手作業で高くすることができる。行の高さを思ったように低くできない場合、その内容であるテキストを選択してみよう。図Hのように、不要な改行が入力されているかもしれない。こういったことが起こった場合には、[Delete]や[Backspace]で不要な文字を削除すればよい。

図H 図H 場合によっては、表示されていない文字のせいで行の高さが低くならないことがある

 この表でもまだ読みやすいとは言えない。図Iのようにちょっとしたフォーマットを用いることで大きな違いを生み出すことができる。

  • season(季節)列を明確にするために意味のある見出しを追加する。
  • 見出しのテキストと実際の値を区別するために色を変える。これを行うにはセルを選択し、選択部分で右クリックした後、[罫線と塗りつぶし]を選択する。すると「表のフォーマット」ダイアログボックスが表示されるため、[塗りつぶし]タブをクリックする。そして色を選択し、[OK]をクリックする。PowerPoint 2007では、選択したセルを右クリックし、[デザイン]タブ上の「表のスタイル」グループにある「網掛け」オプションから色を選択する。
  • 年号を選択し、「書式設定」ツールバー上の[中央揃え]ツールをクリックすることで、見出しとしての年号を中央揃えにする。PowerPoint 2007では[ホーム]タブ中の「パラグラフ」グループ内に[中央揃え]ツールがある。
  • 金額を選択し、「書式設定」ツールバー上の[右揃え]をクリックすることで、これらの値を右揃えにする。
図I 図I 表はごちゃごちゃしていてはいけない。可読性が必要なのだ

  • コメント(1件)
#1 サクヤス   2008-02-20 09:09:33
かなりためになりました。
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]