Google検索サイトにビデオ広告が登場

文:Garett Rogers(Special to ZDNet.com)
翻訳校正:南紀奈子
2008-02-19 17:52:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleがディスプレイ広告分野に参入するようだ。同サイトで一般的な検索をすると、結果一覧の隣にディスプレイ広告が表示されるようになるという。問題は、こうした新種の広告がユーザーに受け入れられるかという点である。

 表示されるビデオに意味があり、ページの変更がほんのわずかであるならば、受け入れられないはずはないとわたしは思う。ユーザーがGoogleの広告をうっとうしく感じないのは、それが控え目なものだからではなく、検索結果に合致しているからだ。一般的なユーザー(普通のGoogle広告も実際にクリックしてみる人々)は、探している情報と関係があるなら、広告の種類は問わないだろう。というより、それが広告であることすら気づかないかもしれない。

「Googleの実験的な試みを、果たしてユーザーは受け入れるのか。複数の辛口ブロガーは別にして、同社が過度にけばけばしい仕様を避けるなら、初めは面食らうにしても、人々が拒否反応を示すことはないと考えている」(Larry Dignan氏)

 「AdWords」の機能をだれかに説明したときに、「どこに広告があるの?」と聞かれることは珍しくない。そのくらいさりげないものだったからこそ、Googleの広告ビジネスはここまで成長したのだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]