Googleは東京、MSNは新宿、Yahoo!は田端--Web Trend Map 2008

後藤大地(オングス)
2008-02-04 14:47:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最新特集【一覧】

 Information Architects Japanが、Web Trend Map 2008のベータ版を公開している。Web Trend Mapは影響力があり成功したWebサイトを、東京近辺の鉄道路線図に似せてマッピングしたもの。多数の要望を受け、提供されるポスターサイズがA3からA0へ拡大されている。

 山手線の主要駅にはGoogle、YouTube、MSN、Wikipedia、Yahoo!、eBay、Amazon、Facebookがマッピングされ、それ以外の駅にもWordPress、Yahoo! JAPAN、LinkedIn、Adaptive Path、UseIt、Engadget、Techcrunch、Technorati、Skyrock、Migente、Adobe、Friendster、Hi5、The Pirate Bayなどの主要駅がある。ちなみに東京湾はSilicon Bayだ。

 Web Trend Map 2007の地下鉄路線図を模した平面マップだったが、Web Trend Map 2008は立体化し、さらに2つの新マップ、ForecastとBrand Experienceが追加された(正式リリースまでに名称の変更や、別マップに入れ替えとなる可能性もある)。

 Forecastはサイトやサービスの人気、先行き状況を天気状況で表現したもの。Brand Experienceはユーザエクスペリエンスを食事で表現したものだ。東京のグルメ状況を反映して、食事のマップになっている。

 Web Trend Map 2008はジョークマップとしてもおもしろいものだが、取り上げられている300ほどのWebサイトやサービスは実によく選定されており、業界の現状を知る上で参考になるものとなっている。世界で展開されているサービスと、日本におけるサービスの比較にもなる。WebデベロッパやWebデザイナから経営層にまで、幅広く閲覧を推奨したいマップだ。正式版は今週末から来週中にリリースされるのではないかとみられる。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ