リチャード・ストールマン流Webブラウジング

後藤大地(オングス)
2008-02-01 07:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 この業界において、Richard Stallman氏の名前を知らない開発者はいないだろう。フリーソフトウェア運動の中心にあり、GPL策定に取り組んできた人物だ。今も、そして常に話題の人物といえる。

 そんなStallman氏が2007年12月15日(米国時間)にメーリングリストに投稿した文書はかなり興味深い。これぞストールマンスタイルといったところか。

 彼は個人的な理由から、直接自分のPCからWebブラウジングをしていないという。ほとんどの場合、ネットワークコネクションを持っていないというのが理由のようだ。同氏はWebページを見たい場合は、デーモンにメールを送り、デーモンがwgetでWebページを取得、それをメールで返信してくる仕組みになっているという。この方法は彼にとっては時間を有効に使う方法のようだが、リアルタイム性には欠けるといっている。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]