Office 2008 for Macのインストーラに問題あり--修正方法を紹介

後藤大地(オングス)
2008-01-28 18:28:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最新特集【一覧】

 店頭販売が開始されたMicrosoft Office 2008 for Macだが、The Office for Mac Teamのブログが伝えるところによれば、Mac Office 2008 Installerにセキュリティ上の問題があったようだ。これはインストーラがインストールするファイルの持ち主とパーミッションを不適切なものに設定してしまうことが原因。Macに2人以上のローカルユーザがいる場合、管理者権限のないユーザであってもインストールされたファイルを変更できてしまう。

 問題を修正するにはターミナルを起動して次のようにファイルのパーミッションとオーナを変更すればいい。

Office 2008 for Macのパーミッションを設定し直す方法 - 同ブログより抜粋

/usr/bin/sudo /bin/chmod -R a-st
   "/Applications/Microsoft Office 2008"
   "/Library/Automator"
   "/Library/Fonts/Microsoft"
   "/Library/Application Support/Microsoft"

Office 2008 for Macのオーナを設定し直す方法 - 同ブログより抜粋

/usr/bin/sudo /usr/sbin/chown -h -R root:admin
   "/Applications/Microsoft Office 2008"
   "/Library/Automator"
   "/Library/Fonts/Microsoft"
   "/Library/Application Support/Microsoft"

 これらのコマンドを実行する際には、自己責任で実施する必要がある。詳細がSecurity issue in Mac Office 2008 Installerに記載されているので、閲覧の上で検討してほしい。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ