iPhone新料金プラン―ビジネスシーン進出なるか

後藤大地(オングス)
2008-01-22 16:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 これまで個人向けに提供されていたiPhoneだが、米国で法人向けの顧客に対しての料金プランがAT&Tより提供される。音声通話およびデータ通信の2年間契約をベースとして、データ通信無制限・ビジュアルボイスメール・200までのSMSで月額45米ドル。SMS制限を1,500まで拡張すると月額55米ドル、すべて制限をなしにすると月額65米ドルとなる。

 オプションとして月額25米ドルの追加で29カ国において月20MBまでのデータ通信サービスを追加、月額60米ドル追加で月50MB間でのデータ通信が追加可能となる。3月31日までにアクティベーションおよびアカウントの作成を済ませると、12月31日まで月額25米ドルのサービスクレジットが受け取れるようになる。

 これまで個人向けのガジェットととらえられてきたiPhoneがビジネスシーンに進出するのだろうか? ガートナーなどいくつかの調査会社はセキュリティの観点から慎重論を唱えているが……

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ