Google、環境改善に2500万ドル投資--石炭よりも安いエネルギーシステム開発

後藤大地(オングス)
2008-01-18 19:14:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Google.orgは1月17日(米国時間)、今後も情報や技術を活用して生活環境を改善する取り組みを継続していくことを表明し、特に今後5年から10年間に渡って取り組む5つの主要な活動を発表した。この取り組みには2500万米ドルを越える予算が使われるという。

 発表された取り組みは(1)天災や疫病の情報共有や予測・予防、(2)公共サービスの改善、(3)中小企業の成長支援、(4)石炭よりも安価なエネルギー生成システムの開発、(5)ハイブリッド自動車、電気自動車の活用によるCO2排出の削減など。Googleは自社の技術を活用し、環境改善への取り組みを積極的に進めている。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ