.NET Frameworkライブラリのソースコード公開

後藤大地(オングス)
2008-01-17 22:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 .NET Frameworkライブラリのソースコードが公開された。開発者はVisual Studio 2008において、このソースコードを使ったデバックが可能になる。これまでソースコードが提供されていなかったため、デバッグ中のライブラリ内部の動作は推測するしかなかったが、これにより、従来に比べてデバッグが容易になる。

 公開されたソースコードは.NET Base Class Libraries(System、System.CodeDom、System.Collections、System.ComponentModel、System.Diagnostics、System.Drawing、System.Globalization、System.IO、System.Net、System.Reflection、System.Runtime、System.Security、System.Text、System.Threading)、ASP.NET(System.Web、System.Web.Extensions)、Windows Forms(System.Windows.Forms)、Windows Presentation Foundation(System.Windows)、ADO.NET and XML(System.Data and System.Xml)など。

 公開されるソースコードは基本的に閲覧を許可するもの。オープンソースとして公開するといった類のものではない。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ