SubversionのGUIフロントエンドSyncro SVN Client 3.0

原井彰弘
2008-01-17 15:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SyncRO Softは1月15日、SubversionのGUIフロントエンド「Syncro SVN Client」の新しいバージョン「Syncro SVN Client 3.0」をリリースした。

 Syncro SVN Clientは、バージョン管理システムSubversionの操作を効率的に行うために開発されたGUIフロントエンド。高機能IDEのような外観を持っており、リポジトリのブラウズや差分の表示、履歴の確認などが一画面で行える。また、複数のリポジトリやワーキングコピーを管理する機能もある。Windows版のほかにMacOS X版、Linux版が用意されており、幅広いプラットフォームで利用できるのも特徴だ。

 今回リリースされた新バージョンでは、衝突が起こった場合に問題のある箇所を比較しながら編集を行えるようになったほか、特定のディレクトリとそのサブディレクトリに対して行われた変更をツリー形式で表示する機能も追加された。

 価格はシングルユーザライセンスで59ドル。30日間の試用ライセンスも用意されている。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ