スティーブ・ジョブズ、Twitterの動作遅延を招く

後藤大地(オングス)
2008-01-16 18:12:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterユーザは昨日、どうもTwitterの動きが重いと感じていたのではないだろうか。どうやら原因はAppleのSteve Jobs氏にあったようだ。

 1月15日(米国時間)、毎度のこととは言え、Macworldで熱狂に満ちた発表が催された。新しく発表されたMacBook Airのスタイリッシュさに目を光らせたMacユーザは少なくないだろう。このSteve Jobs氏の基調講演が、どうやらTwitterシステム不調の原因になったようだ。

 Twitter Blogでは、Steve Jobs氏基調講演からのTwitterアップデートの多さが、システムの動作遅延の影響になったと発表されている。さすが(?)Steve Jobs氏といったところか。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]