Web 2.0スタートページのNetvibesを使ってみた

後藤大地(オングス)
2008-01-15 16:17:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Gmailにアクセス、次はヤフーのニュース……といった情報収集から脱却。複数のサービスを1つにまとめてしまおうという発想がスタートページ。

 Web 2.0という波がWebに現出し、多くのWebサービスが登場してきた。そして、それらのWebサービスをまとめて1つのページ内に集約するサービスが誕生している。パーソナライズスタートページと呼ばれるそのサービスは、Ajax技術を使ってRSS/Atomフィードやウェブ検索、動画サイト、画像共有サイト、Webメールといった様々なコンテンツをウィジェットとして提供する。ユーザはそれらを自由にカスタマイズし、自分なりのスタートページを作成できるというサービスだ。

 今回紹介するNetvivesは、パーソナライズスタートページを提供するWebサービスの1つ。同様のサービスとして、iGoogleやWindows Liveなどがある。

 Netvivesを開くと下記の画像のようなページが表示される。ビジター用に、いくつかのウィジェットが用意されているのがわかるだろう。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]