Google Earth、歴史的な空の地図など新しいデータを追加

後藤大地(オングス)
2008-01-10 17:42:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは1月9日(米国時間)、Google Earthの空の表示に新しいデータや機能を追加したことを発表した。星、星座、惑星などのポッドキャストが追加されたほか、VOEventNetから提供されるイベント情報の表示、NASAから提供されるデータの追加、David Rumsey氏のヒストリカルスカイマップの表示などが追加されている。

 Google Earthを空表示に切り替えるには、”view”ドロップダウンメニューから”Switch to Sky”を選択するか、ツールバーに用意されているスカイボタンをクリックするとよい。操作方法は通常のGoogle Earthとほぼ同じだ。

David Rumseyのヒストリカルスカイマップ Google Earthに追加されたDavid Rumseyのヒストリカルスカイマップ - Googleアナウンスより抜粋
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]