Wikia Search α版:精度は悪いが今後に期待?

後藤大地(オングス)
2008-01-08 19:03:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 7日(米国時間)、Wikia Searchのアルファ版が公開された。Wikia Searchはオープンソースに基づいた検索エンジンの開発を目指した取り組み。

 Wikipediaのようにユーザからのフィードバックをベースとして検索精度を向上させていこうというもので、従来のGoogleやYahoo!の検索結果と比較してよりソーシャル性の高いものとなる。

 Wikiaは公開前に既に熱狂的なファンがを獲得していた。公開されたアルファ版は待望のリリースというわけだが、反応はいまいちよくないようだ。リリース文にも記載されているが、その特性上、最初の検索結果は精度があまりよくないものとなる。Wikiaの検索結果が満足するものになるには、これから参加者のフィードバックがものを言う。

 最初のアルファリリースはそれほど検索精度がよくないものの、ファンの期待は依然大きい。うまくいけばユーザ参加型のソーシャルサーチという新しい検索の分野を切り開いていく可能性がある。

  • コメント(1件)
#1 ゆきち99   2008-01-08 20:14:51
ウィキアの福澤と申します。

おっしゃるとおり精度については現在それほどでもないですが、それこそ、フィードバックをしていろいろ改善できたらと思います。Jimmy Walesは「これは検索エンジンのプロジェクトじゃない、検索エンジンを"作る"プロジェクトだ」とも言っています。

日本語の趣旨説明などは、 http://search.wikia.com/wiki/Search_Wikia/ja などにあります。日本語でもフィードバックを受け付けていますので、是非ともご協力をいただけたらと思っています。

また、念のため申し上げますと、ウィキアの本業はウィキのレンタルサービスです。誤解されることが時折あるので...。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ