ついにRuby 1.9.0登場:高速Ruby VM搭載

後藤大地(オングス)
2007-12-26 17:50:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 25日、Ruby 1.9.0が公開された。Rubyは、最初からオブジェクト指向言語として設計されており、オブジェクト指向プログラミングがやりやすいという特長を持つスクリプト言語。また、演算子のオーバーロードや例外処理、イテレータ、クロージャ、ガベージコレクタなどの機能がある。

 Ruby 1.9.0は登場が待ち望まれていたバージョン。新しいRuby VMが採用され、実行速度が大幅に向上するとされている。1.9.0は開発者向けバージョンとされ、安定版は1.9.1になる見通し。Ruby 1.9.1がリリースされれば、Rubyで動作するアプリケーションが1.9.x系への対応を進めることになるだろう。

 またRuby 1.9.0はRubyを他の言語で実装したJRubyやXRubyなどにおける参照実装としても機能することになる。これまで実行速度への不満も聞かれたRubyだが、Ruby 1.9系で状況が変化することになりそうだ。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]