楽曲「みくみくにしてあげる♪」がJASRAC管理に、利用はどうなる?

永井美智子(編集部)
2007-12-22 20:10:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最新特集【一覧】

 ドワンゴとニワンゴが共同運営する動画コミュニケーションサイト「ニコニコ動画」で人気の楽曲、「みくみくにしてあげる♪【してやんよ】」の著作権の一部が社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)に信託された。「みくみく〜」はほかのユーザーが動画を投稿する際の楽曲としてもよく使われているが、今後利用したい場合には、どのようにしたらよいのだろうか?

 ドワンゴに聞いたところ、ニコニコ動画内での利用については、「ユーザーに代わってニコニコ動画が使用料を支払う方針でJASRACと協議している」とのこと。ただし、ニコニコ動画以外での利用については、各サイトやサービスの方針によるという。なお、GoogleのYouTubeも楽曲の使用料の支払いについて、JASRACと話し合いを進めているところだ。

 個人がJASRAC管理下の楽曲を使いたい場合は、JASRACに使用料を支払う必要がある。用途により利用料金は変わるが、たとえば非商用で、ネットワークを利用した音楽配信をしたい場合は、1曲年額1200円、もしくは月額150円。利用料金や申し込み手続きについてはJASRACのサイトに掲載されている。

 また、JASRACが管理していない楽曲については、個別に楽曲管理会社もしくは著作権者に問い合わせる必要がある。

 なお、「みくみく〜」については、当初アーティスト名が「初音ミク」となっていたとして、クリプトンから抗議がなされていた。これを受け、「みくみく〜」の出版権を持つドワンゴ・ミュージックパブリッシングはアーティスト名を「ika」に変更した。また、JASRACへの信託に関して、クリプトンでは「知らなかった」としてドワンゴ側に抗議している。

「みくみくにしてあげる♪【してやんよ】」 ニコニコ動画に投稿されている「みくみくにしてあげる♪【してやんよ】」
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ