フォトレポート:マイクロソフトのバグハンターたち

文:CNET New.com Staff  翻訳校正:アークコミュニケーションズ、磯部達也
2007-12-14 10:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マイクロソフトではバグハンターたちが過去10年にわたり、マイクロソフトのセキュリティ慣行を形づくるのに力を尽くしてきた。CNET News.comスペシャルレポートでは、今日のセキュリティ慣行が同社が直接学んだ手痛い教訓にどれだけ原因をたどることができるかなどを紹介する。これはその記事にまつわるフォトレポートである。

提供:Ina Fried/CNET News.com

 2007年9月のBlue Hatセキュリティカンファレンスでピンクのポニー賞を受賞したMicrosoftのAdrian Stone氏。ポニーは「pwn」という言葉に引っ掛けたもので、これは「own」、つまり何らかのシステムの完全制御権を握ることを意味するハッカーの俗語を表す。Blue Hatは年2回のイベントで、世界トップクラスのハッカーをMicrosoftの敷地内に招待し、Microsoftの経営陣とエンジニアの前で2日間に渡る講演を行うものである。

フォトレポート:マイクロソフトのバグハンターたち 文:CNET New.com Staff  翻訳校正:アークコミュニケーションズ、磯部達也
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]