「HttpLogger」にクロスサイトスクリプティングの脆弱性

荒浪一城
2007-12-07 19:44:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JVNは12月7日、KLabの「HttpLogger」に、クロスサイトスクリプティングの脆弱性が存在すると発表した

 「HttpLogger」はInternet Explorer、Firefoxでの閲覧履歴を、それぞれのブラウザ上で全文検索するためのソフトウェア。影響を受けるバージョンは、「HttpLogger バージョン 0.8.1」となる。

 この脆弱性を悪用された場合、悪意ある第三者の攻撃により、Webブラウザ上で任意のスクリプトが実行される可能性がある。

 最新版のダウンロードやアップデート方法などは、「DSAS開発者の部屋:「HttpLogger」バージョンアップのお知らせ(2007/12/07)」を参照していただきたい。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ