フォトレポート:マイクロソフトのセキュリティ作戦司令室

CNET News.com Staff 翻訳校正:アークコミュニケーションズ、磯部達也
2007-12-12 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マイクロソフトの現在のセキュリティ慣行の多くは、過去10年間で学んできた手痛い教訓にその源をたどることができる。ワシントン州レドモンドのマイクロソフト本社にあるSecurity Response Centerはこれらの教訓から育て上げたものだ。

提供:Ina Fried/CNET News.com

 Microsoftのセキュリティ作戦司令室には、俳優ハーヴェイ・カイテルの写真が飾られている。Christopher Budd氏がMicrosoftのSecurity Response Centerに勤務しているとき、ここで働くのは映画「パルプ・フィクション」でカイテルが演じた「The Wolf」に似ているとジョークを飛ばした。「物事を正く行うには、緊急のときでも自分が冷静でいることと、仲間を冷静に保つようにすることだ」と語る。Budd氏は現在、Microsoftのプライバシーユニットに勤務している。

フォトレポート:マイクロソフトのセキュリティ作戦司令室 CNET News.com Staff 翻訳校正:アークコミュニケーションズ、磯部達也
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]