OpenSSL 0.9.8gリリース

荒浪一城
2007-10-22 20:00:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 19日、OpenSSLプロジェクトは、様々なバグを修正したOpenSSL 0.9.8gをリリースした。

 OpenSSLプロジェクトは、SSL(Secure Sockets Layer)とTLS(Transport Layer Security)プロトコルを実装しているオープンソースのライブラリー。OpenSSL 0.9.8fでは、ソースコードのバージョン表記に問題がありOpenSSHとの間で不具合が生じていた。

 今回のリリースにおける、変更点は以下のとおり。

  • ssl_ctx_st構造のバイナリーの不一致を修正
  • DTLSの相互動作がサーバーの規約に準拠していなかったバグを修正
  • get_session_cb()関数をセッションなしに呼び出さないように修正
  • ia64アセンブラコードを修正
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ