Seasarプロジェクト、S2Remotingファミリーの新版をリリース

荒浪一城
2007-10-10 15:43:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月9日、Seasarプロジェクトは、Seasar2によって管理されるコンポーネントをリモートオブジェクトとして公開するツール「S2Remoting 1.1.1」「S2RMI 1.1.2」をリリースした。

 S2Remoting 1.1.1の変更内容は以下のとおり。

  • maxCachedURLsに0を設定することで、URLのキャッシュを無効にできるようにした

 S2RMI 1.1.2の変更内容は以下のとおり。

  • RMIサーバの終了時にRMIレジストリの公開を終了するようにした
  • クライアント側でNoSuchObjectExceptionが発生した場合に、スタブを取得し直してリトライするようにした
  • RMIConnectorImpl のベースURLが変更された場合や、RoundrobinRMIConnectorImplにベースURLが追加・削除された場合は、RMIAdaptorのスタブをリセットするようにした

 また、新機能としてラウンドロビンRMIコネクタが追加された。

 Maven2からの利用は「SeasarWiki」を参照していただきたい。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]