シンプルな「Wordpress」と高機能な「Drupal」 - 2つのCMSを比較

原井彰弘
2007-10-03 13:05:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウェブサイト構築サービスのThe Bivings Groupが、同社の公式ブログ上で「Wordpress」と「Drupal」の、2つのコンテンツ管理システム(CMS)を比較している。

 WordpressとDrupalは共にオープンソースのCMS。同社は双方のシステムを長年利用してきたという。その経験によると、Wordpressは機能こそシンプルであるが、そのゆえ設定が単純であり、一個人または1グループが管理するブログシステムや、企業のプレスリリースのような比較的単純なシステムに向いているとのことだ。

 一方、Drupalは非常に高機能であり、Wordpressでは対応することが困難な、より複雑なウェブサイトの構築に向いているとしている。多数の執筆者がいるブログコミュニティや、3階層以上の構造を持つ複雑なウェブサイトでは、Drupalを利用するべきだと結論付けている。

 この比較の詳細は、エントリ「Wordpress vs Drupal」に掲載されている。また、その比較を受けた議論が「Drupal vs Wordpress: Discussion Roundup」で行われているので、ウェブ開発者は参照しておくとよいだろう。

  • コメント(1件)
#1 KEIZI.COM   2009-01-30 11:32:27
今更、1年以上前の記事にコメントする自分にもどうか思うが、まだ誰もコメントをしていないようなので。。
Wordpressもdrupalも使ってきましたが、結論としては、Drupalはいじればいじる程、他のCMSがどうでも良くなってくる。
CCKモジュールとVIEWSモジュールさえ使いこなせば、機能系は別として、追加モジュールは無くてもなんとかなる。
また、RSSの利活用の部分でも他のCMSより抜きん出た部分があり、他サイトとの連携やSEO面でも非常に有利である。
管理画面も他のCMSにどっぷりの人はどうかわからないが、直感的に理解できるので、非常に使いやすい。

Ver5.xまでは日本語のドキュメントが皆無に等しかったが、ver6.x(特に11月あたり)からは追加モジュールの日本語化も急速に進んだ。
今年(09年)は、日本でのdrupalコミュニティの動向次第では、一気に人気が爆発すると予想。

ただ、drupal (ドルーパル)という名前が少々言いにくいので、日ごろはドロンパと言ってしまってます。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ