バッチアプリケーション開発ツール「101will」のフリー版を活用する

兒玉敏幸(101)
2008-10-15 20:46:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2-4. 新しい環境にコピー

 別のスキーマに取り出したデータを取り込みます。

 本来の業務などでは別のデータベースになると思いますが、ここではローカルのOracle XEに新しいスキーマを用意します。scott.sqlを参考に新しいスキーマを作りましょう。

GRANT CONNECT,RESOURCE,UNLIMITED TABLESPACE TO SCOTT2 IDENTIFIED BY TIGER;
ALTER USER SCOTT2 DEFAULT TABLESPACE USERS;
ALTER USER SCOTT2 TEMPORARY TABLESPACE TEMP;
実行例 実行例

2-5. CSVファイルをロード

 dept.csvとemp.csvを新しく作ったスキーマSCOTT2にロードします。

 101willファイル管理のメニュー「ファイル」-「ファイルを新規作成」をクリックし、次のように設定します。設定したら「登録・更新」ボタンをクリックします。

ファイルの新規作成 ファイルの新規作成

 指定したExcelファイルが生成されると、Microsoft Excelが起動します。「共通情報」シートは次のように設定してください。

「共通情報」シートの設定 「共通情報」シートの設定

 次に「データフロー」シートを次のように設定し、「シートの作成」ボタンをクリックします。

「データフロー」シートの設定 「データフロー」シートの設定

 新しく生成されたシートをそれぞれ次のように設定します。

 設定した後、「データフロー」シートの「スクリプトの作成」ボタンをクリックしてください。

「スクリプトの作成ボタン」をクリック 「スクリプトの作成ボタン」をクリック

 C:\WORK\dataloadフォルダーが作成されます。そのフォルダーにスクリプト「dataload.bat」が出力されますので、実行してください。

dataload.batを実行 dataload.batを実行

 APEXを使ってテーブルが作成され、そこにデータがロードされたことを確認してみましょう。SCOTT2ユーザーでログインし、オブジェクト・ブラウザ機能で各テーブルを確認できます。

オブジェクト・ブラウザ オブジェクト・ブラウザ

 今回は非常にシンプルにそのままデータをコピーしましたが、仕組みさえしっかりしていればデータ移行はとても簡単に実装できるというのは理解できましたでしょうか。

 本番のデータ移行はデータのクレンジングが必要であったりと多少手間が掛かりますが、テスト環境の構築は101willフリー版を使うととても簡単にできます。是非利用してみてください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]