バッチアプリケーション開発ツール「101will」のフリー版を活用する

兒玉敏幸(101)
2008-10-15 20:46:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2-3. データをファイル出力

 101willファイル管理の[ファイル]―[ファイルを新規作成]をクリックしてください。クリックすると次のような画面が表示されます。

ファイル名を設定し[登録・更新]ボタンをクリックする ファイル名を設定し[登録・更新]ボタンをクリックする
クリックすると指定したExcelファイルが作成され…… クリックすると指定したExcelファイルが作成され……
Microsoft Excelが起動する Microsoft Excelが起動する

 次のようにユーザーID、パスワード、接続識別子、プロジェクト名を設定してください。

定義シートファイルには先ほど生成されたファイル名を設定する 定義シートファイルには先ほど生成されたファイル名を設定する

 次に「データフロー」シートを下の図のように設定します。各セルはプルダウンでコンポーネントを選択できるようになっておりますので、「ファイル出力」を選択してください。

設定後、「シートの作成」ボタンをクリックする 設定後、「シートの作成」ボタンをクリックする

 クリックすると指定されたコンポーネントに対応したシートが作成されます。

 それぞれ次のように指定してください。

対象のテーブルは対象シートで指定する 対象のテーブルは対象シートで指定する
「ファイル 1_6」も同じように指定する 「ファイル 1_6」も同じように指定する

 テーブル構造が判らないとデータ抽出できませんので、対象テーブルのデータ構造が定義されたシートを定義シートに指定します。

 「データフロー」シートは次のように「ファイル出力_1_2」「ファイル出力_1_6」と設定され、それぞれのシートへのリンクが設定されます。

それぞれのシートへのリンクが設定された それぞれのシートへのリンクが設定された

 設定したらファイルを保存し、「スクリプトの作成」ボタンをクリックしてください。

スクリプト作成中の画面 スクリプト作成中の画面

 設定された情報を元にスクリプトが自動生成されます。もし「スクリプトの作成」ボタンをクリックしても生成画面が表示されないようでしたら、環境変数「PATH」に「C:\Program Files\101will FREE\lib」が設定されているかを確認してください。

 スクリプト群は設定ファイルのフォルダーにプロジェクト名のフォルダーを生成し、その下に出力されます。今回の例では「C:\WORK\output」となります。

 出力したスクリプトの呼び出すファイルは「プロジェクト名.bat」です。今回の例では「output.bat」となります。

output.batを実行 output.batを実行

 正常に実行されるとCSVファイルにDEPTテーブル、EMPテーブルのデータが出力されます。

C:\WORK\dept.csv

10,"ACCOUNTING","NEW YORK"
20,"RESEARCH","DALLAS"
30,"SALES","CHICAGO"
40,"OPERATIONS","BOSTON"

C:\WORK\emp.csv

7369,"SMITH","CLERK",7902,19801217,800,,20
7499,"ALLEN","SALESMAN",7698,19810220,1600,300,30
7521,"WARD","SALESMAN",7698,19810222,1250,500,30
7566,"JONES","MANAGER",7839,19810402,2975,,20
7654,"MARTIN","SALESMAN",7698,19810928,1250,1400,30
7698,"BLAKE","MANAGER",7839,19810501,2850,,30
7782,"CLARK","MANAGER",7839,19810609,2450,,10
7839,"KING","PRESIDENT",,19811117,5000,,10
7844,"TURNER","SALESMAN",7698,19810908,1500,0,30
7900,"JAMES","CLERK",7698,19811203,950,,30
7902,"FORD","ANALYST",7566,19811203,3000,,20
7934,"MILLER","CLERK",7782,19820123,1300,,10

 スクリプトを実行すると、実行したフォルダー下にlogフォルダーが作成され、実行した日時のファイル名でログが出力されます。もしエラーが発生した場合は、このログファイルを確認し問題を行ってください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]